育毛剤に含まれる有効成分について

育毛の有効成分

育毛剤に含まれる有効成分について

髪の毛の薄毛や抜け毛を改善するために使用する育毛剤なのですが、育毛剤はとても色々な種類のものが販売されていて、育毛や発毛に対して効果的なものとなっています。
髪の毛が抜けることが多くなったり、髪の毛の薄毛が目立つようになってきたと感じるようになったらできるだけ早めに育毛剤を使用してケアをしてあげるとよいでしょう。

そんな髪の毛の育毛剤に関してなんですが、育毛剤には育毛に効果的である有効成分が含まれていて、その有効成分が頭皮や髪の毛に対して効果を発揮することによって育毛効果や発毛効果を期待することができるというものなんですね。
では育毛剤に含まれる有効成分にはどういったものがあげられるのでしょうか。

まず育毛剤に含まれる有効成分として例えば、血行促進剤・抗男性ホルモン剤・毛母細胞賦活剤・抗炎症剤・頭皮の保湿剤・フケ抑制剤・成分の浸透促進剤というものがあります。
どれもすべて育毛を行うために必要である成分と言えます。
そしてそれぞれの有効成分には、それぞれの有効成分の種類などにも色々とあるんですね。

例えば血行促進剤についてなんですが、血行促進剤では抹消血管拡張剤と毛根刺激剤といった2種類の血行促進剤があります。
血管拡張剤であるミノキシジル、プロスタグランジンE2、ベタメタゾン-17など。
また抹消神経拡張剤や毛根刺激剤ではトコフェロール・塩化カルプロニウム・センブリエキス・ニンニクエキスなどがあげられます。
抗男性ホルモン剤では有名なものとして、フィナステリドがあります。
フィナステリドは前立腺肥大症の治療薬でもあります。

またほかに、毛母細胞賦活剤では髪の毛の成長を促進させる効果があるものなのですが、一般的に育毛剤によく使用されるものとしてアミノ酸・ビタミン類・各種生薬などがあげられます。
ビタミン類ではビタミンA・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB6などが、アミノ酸ではメチオニン・ロイシン・トリプトファンなどがあります。